亮(りょう)だけど窓際

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
薬用ポリピュアEXっていいね!

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

大至急歯科医にかかってください。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です