ひがしのりだけど内田勘太郎

インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
もぎたて生スムージーでダイエット効果を最大限発揮!

これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です