クライナー・ミュンスターレンダーがビビ

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。
ベルブランが口コミでも人気ですね!購入前に知っておきたいこと!

インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です