フェイだけど根本

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
アクポレスが口コミや雑誌で大人気?

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。

このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です