周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

プラステンアップの口コミ
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です