池端でバキューム

相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。

せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が足りず写っている顔がはっきり判らないとなると証拠にはできません。

浮気調査を探偵が依頼されたときは、超小型のカメラを用意するなどして覚られないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3~4日が目安です。

確認しておきますが、これはあくまでも平均の期間です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。

逆に、怪しい日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。

探偵が浮気調査する時でも失敗したりするようです。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗することが少なからずあります。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠を掴みきれません。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料を請求することができません。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など色々な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は低くなるのです。

それに、不倫した相手が不倫を認めない時には証拠が必要とされます。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。

GPSが繋がるものを使って、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、パートナーが現れるはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう恐れもあります。

よく着る服装が変化してきたら、危ない予兆です。

趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。

突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をセレクトし出したら、かなり浮気の恐れがあります。

その時、お洒落な下着をはくようになってきたら、浮気の可能性もかなり高いです。

頻繁に掛かってきたり電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは大いにあるでしょう。

そういったことに気付いたらその電話をしている相手を調べればいいのですね。

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

探偵の一部はアルバイトの場合があるんです。

探偵としてのアルバイトを調べてみると、求人情報が表示されます。

このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もたくさんあるわけです。

浮気について調べるように言うときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、見た情報を他人に流すことも否定できません。

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかむことが可能です。

なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段にごく自然に使われるからです。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、やはり好きな人の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

ですから電話をする可能性も十分考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です