ちっさーのスズガモ

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査によって一定とは限りませんが、浮気が確実かどうか、調査員が1人ですることが多くなります。

浮気が現実であると判明したら、再度考えて調査の方法や人数などを決定します。

探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、いざ、自分がしてみると失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので楽なことではないといえます。

こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。

行動をメモしておくことで浮気の証明をできることもあります。

普通は、人間の一日一日の行動には習慣ができます。

しかしながら、浮気をしている人は、そのパターンが揺らぎます。

その曜日や時間帯に着目し、確認できたら、動き方をよく見ていると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

食事をした際に店で発行する領収証には定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は月ごとに点検するようにします。

出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。

浮気の調査を探偵に任せ、しっかりとした確証が得られれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

心から信用のできない人間と人生を一緒に歩むのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料の支払いが課せられれば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

浮気調査の費用節約というと、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。

調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで良いだけです。

毎日、出勤していった時間や、帰ってきた時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を請求する場合には、まずは相手のことを知らなればなりませんし、間違いのない、裏切りの数々を確保しなくてはなりません。

もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、捉えてくれますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を用意してくれるでしょう。

携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかむことが可能です。

携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。

最近はメール、LINEで連絡をする機会も増えましたが、好意を持つ相手の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。

ふとした時に電話している可能性は否定できないのです。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、別段変わりは無いと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、同じような仕事内容です。

しかし、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です