インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

ブリアン歯磨き粉
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です